気になる!「女子たちの性活…」お悩みトップ4

現代日本はあまり性に関しては大らかではありませんが、実際のところ、女子の性への興味ってどうなのでしょう? 憧れのあの子に限って、エロいことなんか考えるハズがない!と思っている方、大ハズレです。これまた健全な女子であれば、我々男子が性に対して悩んでいるのと同じように、女子もまた悩みや疑問を抱いているのです。

そこで今回は、女子の性に対する悩み、いわゆる“性活”について、女子が日頃から疑問に感じていることを調査しましたので、ランキング形式でご紹介しましょう。

 

【4位】女性のイクって?

女性の「イク」ってどんな感じ?

「イカない」私は変なの?

など、オーガズムに関する悩みが第4位にランクインしていますね。圧倒的にわかりやすい男子と比べると、女子のオーガズムは複雑ですから、この疑問にも納得です。

「自分がイッたのかどうかわからない…」「イキたいけどイケない…」など、女子は不安に思っているようですよ。男子にはわからない悩みですよね。

ちなみに女子の「イク」というのには個人差があって一言では言えませんが、ビリオンセラー作家のシェア・ハイトはこのように述べています。

「イク直前に頭の中に火花が散り、突然炎となって燃え上がるような感じ」「燃えるような、うずくような快感が膣とクリトリス周辺に起こり、小さく震え始める。すると突然膣の内部をオーガズムの熱が襲い、その後突然、壁がねじれるような収縮が訪れる」
シェア・ハイト著『オーガズム・パワー』より一部抜粋

う〜ん、わかるようでわからない……。しかも、“本気”と“偽”を見分けるのも難しいかもしれませんが、女子は女子で悩んでいるのです。

 

【3位】Gスポットって?

サザンの歌詞でも歌われる「マンピーのGスポット」……男子にもわかりにくい部位ですが、女子にとっても謎めいた存在のようですね。この疑問が第3位にランクインしています。

ちなみにGスポット、女性には必ず存在する性感帯で、膣の前面の壁の中…膣口から4~5cmあたりの内側にある小さいエリアになります。このGスポットを刺激することで女性はオーガズムに達するそうですが、やはり場所にも個人差があり、それなりに努力しないと探すのは難しいそうです。パートナーと協力しながら探す部位だそうですよ。

なお、このGスポット、AVなどでも見られる潮吹きにも深く関係しているようで、女子はその潮吹きに関しても興味津々です。ところが……、

AVの潮吹きシーンは、あくまでも演出。ただの水を使った“偽装潮吹き”も多いです。
“快感の果てに射精する(潮を吹く)日本人女性は、十万人に一人ぐらいしか見つかっていません。というのも射精現象は前立腺の退化の進度と関係しており、完全に退化してしまった女性は射精することができないのです”
監修/大慈彌俊英・大慈彌クリニック院長著 婦人倶楽部1983年5月号「第3の歓喜 Gスポット快感の発見」より一部抜粋

とのこと。やはり演出なんですね。10万人に1人の逸材を探すのも手でしょうが、やはり、そんな不毛なことにはチャレンジしないほうがいいかもしれませんね。

 

【2位】騎乗位ってどうやるの?

何と第2位にランクインしたネタが「騎乗位」ですよ、「騎乗位」。確かに男子にとっては楽なだけでなく、楽しめる体位ではありますが、まさか女子がそこまで体位に興味を示していたとは驚きを隠せませんね。

ちなみに女子が「騎乗位」のどこに興味を示しているかというと……、

「どうやって動けばいいのかわからない」

という点です。なるほど、確かにちょっと考えただけでもバリエーションが多いですもんね。

  • 上下ピストン
  • 前後グラインド
  • 腰だけを上下
  • 体全体を上下

おそらく女子だけがひたすらピストン運動をしなければならない「上下ピストン運動」は、延々と続けると女子は汗だくになってしまうので、女子の動きに合わせて男子も動いてあげると、二人とも幸せになれるような気がします。

とにかく女子は「騎乗位」が好き(もしくは興味津々)ということです。いやはや、男子のために勉強しようとしてくれているなんて、けなげで愛おしいですね!

 

【1位】フェラの基本テクニック

はい、女子が最も興味を持っていて知りたかったのは、男子も大好き「フェラチオのテクニックについて」でした!

2位と同様、男子にとってはありがたい興味です。確かに経験の少ない女子と一戦交えた際に、先っちょが取れちゃうかと思ったこともありますので、正しい知識は重要でしょう。

パートナーとしっかりコミュニケーションを取って、自分たちなりの良いポイントを見つけたいものです。

セックスはパートナーとの仲を円滑に導く上でも重要なコミュニケーションの一つです。

しかし、性の悩みというものは、異性はもちろん、同性でも会話に出しづらいものです。彼女が言えない悩みを、我々男子が把握しておくことも重要なのです。

女子がどのような思いで悩みを抱えているのか、基本的な要点を学んで、楽しい“性活”を送ってくださいね!

BLOM

BLOM

BLOM(ブロム)は、好奇心の強い遊び盛り男子に向けた趣味・遊び発見マガジンです。今日、明日、週末からでも始められる「趣味」や「遊び」のヒントを発信していきます。