ぐぬぬっ…彼女を作りたければコミュ力をあげなきゃいけないって話

彼女のいない男子に「彼女は作らないの?」ときくと、大半は「超欲しい!けど……」といった、生ぬるい返事が返ってきます。しかし、普通に生活しているだけで男女問わずすぐに仲良くなり、いつの間にか付き合っちゃっている、デフォルトでコミュ力の高い男子もいるものです。

今回は、そんな恋愛ベタで、コミュ力に自信のない”奥手男子”にとってバイブルともなりえる本がありましたので、非常にタメになるポイントを抜粋してご紹介いたします。

 

彼女が欲しいあなたへ

「いやー、欲しいですね」独身で恋人のいない三十代の男性に「彼女つくらないんですか?」と聞くと、八割方、そんな返事が返ってきます。しかし、半年後や一年後に、その男性に彼女が出来ていることは、ほぼありません。

大泉りかさん著書『もっとモテたいあなたに』より一部抜粋

周りに女性がいないわけでもなく、また、合コンなどにも定期的に参加する方でも、「彼女にしたい」とまで思える相手になかなか出会えない。もしくは出会えたとしても「つき合うところまで発展させられない」といった方も多いでしょう。

 

でも、それはあなたが高嶺の花とも言える、理想の女性像を追いかけているからとは言えませんか?

 

若くてかわいくて女子力の高い子は”恋愛市場”での価値がとても高く、頻繁に登場しないばかりか、そうそう滅多に簡単に彼女にできるものではありません。

しかし、これが女友達となると、ぐっと成功率が上がってくるものです。

 

せっかくの出会いを無駄にするな!

せっかく女性と出会っても、二度と会わないのならば、それは出会わなかったのと同じことです。「せっかくオフ会に行ったけど、可愛いコがいなくって……」「好みのタイプじゃないってわけじゃないんだけど、忙しい仕事の合間を縫ってデートするまでのモチベーションが湧かない」。こんなふうに出会いを使い捨てていては、いつまで経っても今の状態で「モテたい」と言いながら年を取っていくばかりです。

大泉りかさん著書『もっとモテたいあなたに』より一部抜粋

この言葉にドキッとした方も多いのではないでしょうか。案外”高嶺の花子ちゃん”は、友達としてつき合っていくうちに何だか魅力があせてきて、逆にタイプじゃなかった子が、凄く魅力的に見えることだって充分にありえます。

 

この”目移り・気移り”を、「ヤリモク」だと思われないことも重要ですね。一番女子のテンションが萎える瞬間ですので、ヤリモクと勘違いされない、健全な振る舞いを心がたいものです。

 

ひょんなきっかけで、『友達』から『恋人』へと関係が変化することもありうるし、『女友達はひとりでなくてはいけない』と決まっているわけではありません。むしろ、ある程度、多くの『女友達』がいることは、あなたにきっとプラスになります。
世話焼きな女性であれば、あなたに合いそうな女友達を紹介して仲を取り持ってくれるかもしれませんし、「彼女が欲しい」という悩みを話せば、どこをどうしたらいいのか、役に立つアドバイスをしてくれることでしょう。

大泉りかさん著書『もっとモテたいあなたに』より一部抜粋

大事なことは「ピンと来なかった」子”高嶺の花子ちゃん”どちらも分け隔てなく、しっかり友達になっておくことです。要するに、神様が与えてくれたチャンスは、ありがたくすべて活用しようということですね。

 

大泉りかさんの著書『もっとモテたいあなたに』より一部抜粋してご紹介した、異性との付き合い方メソッドはいかがだったでしょうか。女子とのコミュニケーションのハードルが低くなったと感じませんか?

 

まずは異性を意識せず、自然体でコミュニケーションを取り合っていれば、恋人にステップアップする可能性もありますし、女友達として気になるあの子を紹介して貰える可能性も高いのです。そういったことを続けていれば、いつか理想の女子に辿り着くことができるとBLOM編集部は考えています。

 

趣味を介して知り合うも良し、バイト先やサークルを通じて知り合うも良し、まずは身近な環境の中で、様々な友達付き合いを実践してみましょう。

 

参考 – 『もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる』大泉りか著(Amazonリンク)

 

最後に、この記事を3コマ漫画でまとめてみた

BLOM

BLOM

BLOM(ブロム)は、好奇心の強い遊び盛り男子に向けた趣味・遊び発見マガジンです。今日、明日、週末からでも始められる「趣味」や「遊び」のヒントを発信していきます。