【これは画期的】寝そべって乗る前2輪の電動バイク

ちょっと前に流行った「リカンベント」って知っていますか?

前輪部分にペダルを付けて漕ぐタイプの自転車なのですが、運転する人は寝そべって走るので、とっても気持ちよさそうなのですよね。ちなみに、以前よく見かけた前2輪・後1輪の3輪車タイプは、「リカンベント・トライク」なんて呼ばれています。

そんなリカンベントに、電動モーターを付けて、山道でもズンズンと走れてしまうオフロード仕様の電動バイクが登場したのです。ちょっと楽しそうなので紹介しますね。

 

オフロード用装備が満載

アメリカのメーカー、OUTRIDER(アウトライダー)USAがリリースする「HORIZON」がそれなのですが、見てもらえば分かる通り、作りはかなりしっかりしています。

スタイルは、前2輪・後1輪で走るリカベント・トライクのタイプです。前後にはサスペンションも装着し、全天候タイプのオフロード用ブロックタイヤも採用しています。また、フレームはアルミ製モノコックタイプなのでとても頑丈です。これらにより山道、砂利道、泥道など、どんな道でも楽勝に走れちゃうのです。寝そべったまま、大自然の中を走るのって最高ですよね。

 

動力は、出力1,500ワットの電動ブラシレスモーター。前2輪を漕ぐペダルは、メインフレームから伸びたステーに付けられて、前輪とチェーンで連結したチェーンドライブです。11段変速のギアも装備していて、変速は左右独立タイプのハンドルバーに付けられたプッシュボタンで簡単にできちゃいます。

 

これなら、通常は電動モーターで走り、たまに足で漕ぐことで航続距離を伸ばすことができますね。あと、ペダルがあれば、出先でバッテリーが空になってしまっても、最悪は漕いで帰ってこれますしね。

ちなみに、電動モーターのみ搭載でペダルがないベースモデルもあります。

 

足が不自由な人用に手こぎペダル仕様も!

「HORIZON」には、もうひとつハンドサイクル仕様というのもあります。

これは、手で前輪を漕ぐタイプで、足が不自由な人にも乗れるのが魅力です。ペダルは、フレームから上に伸びたステーに取り付けられていて、両手でコギコギすることで前2輪を動かします。もちろん、電動モーター搭載なので、ペダルなしでも走りますけどね。

このバイクを最初に見た時は、「リカベントに電動モーターを付けた変わり種?」と思ったのですが、すみません訂正します。ハンディキャップがある人でも、アウトドアを満喫できる仕様を作るなんて、ちょっと感動しました。

 

オプションも豊富

「HORIZON」はオプションも豊富です。バッテリーは最大4つまで搭載が可能で、1つの場合の航続距離は約80km。4つ搭載すれば約320kmまで走ることができます。

また、ヘッドライトやカーゴバッグ、パーキングブレーキなども選べます。

車両の価格は以下の通りです。

  • ベースモデル:1万2985ドル(約142万円)
  • ペダル付き電動バイク:1万3985ドル(約153万円)
  • ハンドサイクル式電動バイク:1万5985ドル(約175万円)

「HORIZON」がオフロードを疾走する姿を収めたPVがあるので、ちょっと観てみて下さい。

 

 

 

どうでしたか? とても楽しそうですよね。オフロードを寝そべりながらのんびり走りたい人から、足が不自由でハンディキャップはあるけれどアクティブに遊びたい人まで、様々なアウトドアスポーツ派に注目の電動バイクですよ。

 

参考:OUTRIDER USA
BLOM

BLOM

BLOM(ブロム)は、好奇心の強い遊び盛り男子に向けた趣味・遊び発見マガジンです。今日、明日、週末からでも始められる「趣味」や「遊び」のヒントを発信していきます。