【なぜそこでやろうと思った!?】世にも珍しいダートのドラッグレース

皆さん、ドラッグレースってご存知ですか? 日本でも開催されているので、ご存知の方も多いかと思いますが、アメリカで始まったモータースポーツで、1/4マイル(約400m)の直線で速さを競うレースです。ドラッグレースとは、当たり前ですがオンロードで行うのが一般的です。

 

オフロードでドラッグレース?

しかし、なぜかアメリカの皆さんが、ダートでドラッグレースをやっちゃってます…。しかも、ご覧のとおりゴリゴリのドラッグマシンなのです。

 

前記のとおり、ドラッグレースは直線を突っ走る競技なので、出場するバイクも、直線での安定性を考慮して超長くし、スタートダッシュがより効率的になるよう極太かつ非常に柔らかいタイヤを使用します。

ただ、このオフロードドラッグマシンの場合は、土の上を走るため、トラクターに使われるようなゴツいリアタイヤを履いています。

 

スタートの合図と共に、ものすごい轟音!

案の定、巻き上げる土の量もハンパじゃないです。

 

Vツインエンジンを搭載したドラッグマシンもいます。

 

ライダーのプリっとしたお尻とマッチした、見事なリアフェンダー!を見ていただきたいワケではなくて、極太タイヤにご注目ください。

 

この凶暴な極太ブロックタイヤを見よ!

オフロードでのグリップ力が必要なので、どのマシンもタイヤは極太のブロックタイヤです。後ろ側からみると、とても凶暴なイメージですね。

パッと見、おふざけのように思えますが、やっている本人たちは本気です! これだけのパワーを遊びに注入するアメリカ人には脱帽モノですね。

それでは最後に動画をお楽しみにください!

 

 

 

いかがでしたか? こんな面白いレースが日本でも開催されたら、ぜひ観戦に行ってみたいものです。

BLOM

BLOM

BLOM(ブロム)は、好奇心の強い遊び盛り男子に向けた趣味・遊び発見マガジンです。今日、明日、週末からでも始められる「趣味」や「遊び」のヒントを発信していきます。