新開発ツインエンジン搭載!KTM「790 Duke」の走りがキレキレ過ぎる!

今冬にリリースされた数多のプロトタイプの中にあって、特にツインエンジン好きが注目した(と思われる)のが、KTM「790 Duke」。

名前からもおわかり頂ける通り、KTMのロードスポーツ・シリーズ「Duke」への新サイズ追加になります。

 

KTM「790 Duke」とは?

前回記事「コレは超個性的!KTMのハイパー・ネイキッド「790 Duke Prototype」は新開発ツインエンジン搭載だ!」でご紹介した通り、ミラノショーで発表されたプロトタイプです。

 

新開発された「LC8C」という名称の排気量790ccのパラツインエンジンを搭載。「C」はCompactから来ています。

エンジン本体を車体の強度メンバーとする独特のフレーム構造を採用しており、サブフレームはアルミ製となっています。

 

フロントフォークはホワイトパワー製倒立タイプ(現在、両社にて共同開発中)を採用しています。

「Duke」ファミリーの一員なので当然のことですが、走りに期待できるモデルであることが想像されているのですが…。

 

KTM「790 Duke」 The Scalpel

今回ご紹介するのは、その「790 Duke」の動画。走行シーンが満載となっており、期待に違わぬ走りを披露しています。

 

撮影の舞台はタイトコーナーが連続するテクニカルなサーキット。

 

エンジンパワーは十分以上。まずは軽くバーンアウト。モクモク上がる白煙と共に、テンションも上がって行きます!

 

連続するコーナーを軽やかに抜けて行きます。

 

こんな感じで、時にドリフトを交えつつ……、

 

コーナー出口では、軽々とパワーリフトしちゃっています!

軽量&パワフルであり……、

 

ライダーさんの技量もあるのでしょうが、ブレーキも強力。そのうえコントローラブルである、というメッセージが込められています。

それでは最後に動画をどうぞ!

 

動画はコチラ!

 

ココまで乗りこなすには相当なテクニックが求められますが、それにしてもキレキレな走りですね!

 

KTM「790 Duke」 は市販確実!?

ミラノショーでリリースした直後にPVを公開して来るぐらいですから、「790 Duke」は市販されると見て良いのではないでしょうか? 非常に楽しみな一台です。今後もKTMから目が離せませんね!

 

参考 – KTM、Youtube : KTM 790 DUKE – The Scalpel | KTM
for Ride

for Ride

バイクやクルマなど乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報メディアです。