カリフォルニアで日本製小型バイクカスタムが流行の予感!?

ホンダが東南アジア市場に向けて先行リリースした小排気量スポーツモデル「グロム」に端を発し、今、日本でもジワジワ人気を集める原付二種モデル(125cc以下のバイク)。そんな原付二種の人気は、なんと世界に飛び火しはじめており、アメリカでもその兆しを見せているようです。
そこで今回は、世界のカッコいい原付二種カスタムを紹介しちゃいます!

 

アメリカのイケてるカスタム

その1:ロー&ロングなカスタム

前後のサスペンション変更やロングスイングアームを装着することで、15cmもローダウンされたグロム。まさにロー&ロング!
LEDバーライトを3本並べたフロントフェイスも個性的です!

 

トリプルツリー(フロントフォークとフレームを接続するパーツのこと)もオリジナル。ガソリンタンクはノーマルのままですが、マシンの表情はまったくの別モノですね!

 

その2:ストリートファイター

コチラはストリートファイター系のカスタム。オリジナルのガソリンタンク&シングルシートが戦闘的で良い感じ!

 

長めのスイングアームとオーリンズ製のリヤサスペンションをセレクト。お尻を跳ね上げたリヤビューが実にクールです!
ちなみにこちらのカスタムバイク、エンジンは204ccまでボアアップされています。鋳造ピストンや強化コンロッドといったパーツを用いて、エンジン内部のチューニングが施されています。それに合わせて、吸気系も当然チューニングされています。

 

東南アジアのカスタムもアツい!

アメリカだけでなく、グロムが先行発売されたタイをはじめ、東南アジアでもカスタムが過熱しています。
とにかく完成度の高いカスタムが、SNSなどでヒットしますので、一部ご紹介いたします。

 

#msxthailand #msx125 #msxthai #msxclub #msxclubthailand #minibike #honda #msxhonda #hondamsx125 #msx #gromlife #gromgang #gromsociety #msxsneakers #ducati #hondamsx

A post shared by มินิไบค์แต่งสวยไทยแลนด์.❤️ (@motorbikethailandzing) on

 

赤黒で統一された、攻撃力の高そうなカスタム。とてもキレイにまとまっています!

カリッカリにチューンナップされたレーシーなカスタム。メカメカしい感じがGood!

 

とてつもなくキティさんがハローすぎるカスタム! 間違いなく目立ち度満点!

マフラー変えてハンドル変えてフロント周り一式とアンダーカウルと……もはやカスタムポイントをあげるとキリがないほど原型をとどめぬカスタム! めちゃくちゃカッコイイですね!

 

世界中で人気の兆しを見せる125cc(原付二種)クラス。

特にアメリカや日本などの先進国では、以前よりバイクのカスタムが盛んでしたが、最近では東南アジア勢の新興国発信で、このような小型バイクのカスタムが、世界のカスタムシーンへ影響を与えることも多くなってきました。

私たち日本人も、うかうかしていられません。世界一のメーカー国である日本の「バイク魂」を見せつけてやりましょう!

for Ride

for Ride

バイクやクルマなど乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報メディアです。