【知ってる?】最近のバイク窃盗犯の手口がやたら巧妙すぎた!

バイクの盗難台数は年々減少傾向にありますが、それでも2014年の統計では年間4万台以上のバイクが盗難被害に遭っています。
皆さんは、バイクを盗まれたことってありますか? 筆者は何度かあります。ある日突然、いつもの場所からバイクが消えてしまった、あのガッカリ感…。思い出すのもイヤな経験です。

 

盗難の前兆を見逃すな!

筆者もそうでしたが、盗難被害に遭った方が口を揃えて言うのが、「盗難される前には前兆がある」ということ。

 

愛車にバイク買取のチラシがついている

まず、愛車にバイク買取チラシがついていたことがあるという方。これは、窃盗犯のマーキングである場合が多いので、盗難の黄色信号です。持ち主がバイクに触れる時間帯や頻度を知ろうとして、チラシを括り付けに来ている可能性が高いので、注意してください。

 

決まった時間にウロウロしてる人がいる(廃品回収車を含む)

次に、毎日決まった時間に愛車の前をウロウロしている人がいるという方。これは、窃盗犯が、今まさに行動に移ろうとしている段階である可能性が非常に高いので、盗難の赤信号です!
可能であれば、普段停めている所とは別の場所に駐車することも検討してみてください。

 

超強引な窃盗もある!

バイク窃盗は9割が10代の衝動的な犯行ですが、あとの1割はプロの窃盗団(複数人)によるものです。彼らは、昼夜を問わず、かつ大胆不敵にトラックでやってきます。また、クレーンなどの重機を持ってくる場合もあるとか…。極め付きは、「バイクオーナーさんから引き取り修理依頼をいただきましたので運びま~す」と、バイク屋さんのユニフォームを着て、白昼堂々と持っていく場合まであるそうです。おそろしい…。

 

では、どのようにしたら憎っくき窃盗犯から愛車を守れるのでしょうか。それでは、最も効果的と言われている3つのアイテムをご紹介します。

 

定番の盗難防止アイテム3つ

まず、愛車を盗難から守る最も手堅い策は、鍵付きのガレージで保管することですが、そんなに都合良くガレージを持っている方も少ないでしょう。また、ガレージ保管をしていたとしても、盗まれるときは一瞬で盗まれます。

それでは、バイクの盗難対策として最善策は一体何なのでしょうか。それは、バイク窃盗犯に「このバイクは盗みにくい」と思わせることです。

 

チェーンロック(ワイヤーロック)

最も定番の盗難防止アイテムといえば、こちらのチェーンロックです。チェーン型やワイヤー型などが主流で、工業用カッターを使っても切れないものまであります。また、バイクロックを複数掛けておけば、窃盗犯に対して「自分は盗難に対して注意しているぞ!」と意思表示できるという点でも有効です。

なお、窃盗犯によってはチェーンロックがついている側のタイヤをスケボーに乗せて、ゴロゴロと持っていってしまうヤカラもいるので、頑丈な柱などと一緒に繋いでおくと、さらに効果的です。

 

アラーム付きディスクロック

こちらはアラーム付きのディスクロック。ディスクブレーキローターにつけるタイプのロックで、さらに振動が加わったときにアラーム音で周囲に知らせてくれるという、盗難防止にかなり有効な商品です。

 

バイクカバー

説明不要のバイクカバー。こちらは、直接盗難対策につながらなそうですが、そんなことはありません。まずは、窃盗犯にバイクを見せないことも重要な盗難対策術です。もちろんバイクカバーだけではダメですが、上記バイクロックを併用することで、盗難防止効果が格段に高くなるのです。

 

結局、私たちができる盗難対策としては、バイクカバー&バイクロックを二重三重に掛けて、強固な柱などとバイクをロックすること。怪しい前兆があったら、すぐに対策を講じることです。

バイクを盗む不届きなヤカラは、無期懲役にでもなってしまえばよいのですが、そうも言ってられないのが現実です。せめて自分の愛車は自分で守れるよう、きちんと盗難対策をしておきましょう。

 

BLOM

BLOM

BLOM(ブロム)は、好奇心の強い遊び盛り男子に向けた趣味・遊び発見マガジンです。今日、明日、週末からでも始められる「趣味」や「遊び」のヒントを発信していきます。