【日本製ヘルメットvs中国製ヘルメット】衝撃の実験結果になった!

ライダーの頭部を守る重要なアイテムと言えばヘルメット。このヘルメットの存在を甘く見ている方はいませんか? 今回紹介する検証動画を見れば、ヘルメットの重要性が一目瞭然になると思いますよ。

チリの男性がYoutubeにアップした検証動画、日本のヘルメットメーカー”マルシン工業”製のヘルメットと、中国製メーカー不明の謎のヘルメットの強度テストです。

 

世界中のライダーが注目!

検証方法はこれ以上はないというほど簡単。ヘルメットを椅子の上に乗せて、ハンマーで叩くだけというシンプルかつワイルドな方法です。

動画投稿者によると、多くの国ではライディング・ギアやプロテクターの品質に関する規制がない為、偽物や低品質な製品も平気で売られているそうです。そのため、「安全性の品質が保証されているヘルメットと、そうでないヘルメットでは、どのくらい強度が違うのかということを視聴者に見せたかった」と語っていました。

 

左がマルシン工業製ヘルメット、右が中国製メーカー不明ヘルメット。

 

このように椅子の上に置き、ハンマーで叩くだけの簡単なテストです。

 

まずは日本が誇るヘルメットメーカー、マルシン工業製のヘルメットから叩いてみましょう。

 

表面のにヒビが入りましたが、ぜんぜん余裕です!

 

次にこちらの中国製メーカー不明ヘルメットを叩いてみましょう。

 

うわっ…一発で終了です。中まで貫通してますね。

 

まさに瞬殺でしたね…。怖い!

 

その後も、マルシン製ヘルメットを何度も何度も叩きますが、

 

結局ヒビがひどくなっただけで、ヘルメット自体はぜんぜん壊れませんでした。

あまりにも衝撃的な結果になったと思います。ただ、この動画はマルシン工業のプロモーションでもなければ、中国製品に対するネガティブキャンペーンでもありません。ヘルメットの安全性について考察するための記事ですので、製品云々についての情報は割愛させていただきましょう。

 

世界中のライダーが注目した衝撃映像

 

日本では「SG規格」という安全規格をクリアしないと二輪量販店ではヘルメットの販売ができませんが、個人で経営するバイク屋さんなどでは、まだまだ規格外ヘルメットが販売されています。

規格外製品に対する批判というわけではありませんが、検証動画で、あれほどの差を見せつけられると、自分の身を守るヘルメットの安全性についても考えてしまいませんか?

 

自分一人で完結する人生でしたら、どのようなヘルメットを被ろうと自由だとは思いますが、家族、友人、職場・学校など…関わってくる人は必ずいますよね。今一度、それらについても考えてみてはいかがでしょう。

 

コート:
C1F5-SH06 – JOE GOWN SHIRT JK / KHAKI /
¥26,000+TAX
シャツ:
C1F5-SH05A – JOE 7TH SHIRT /KHAKI /
¥18,000+TAX
パンツ:
BORN FREE BLACK STRETCH DENIM PANTS / BK (CXBF-PT04)
¥18,000+TAX
シューズ:
SIDE GORE LEATHER BOOTS / BK (C1F5-SB02)
¥32,000+TAX
ハット:
ROLLING HAT / BK (C1F5-HT01)
¥26,000+TAX
(全てCRIMIE)

 

協力:CRIMIE
BLOM

BLOM

BLOM(ブロム)は、好奇心の強い遊び盛り男子に向けた趣味・遊び発見マガジンです。今日、明日、週末からでも始められる「趣味」や「遊び」のヒントを発信していきます。