ハーレーの1928年式ファクトリーレーサーが完全復元されオークションに!

ハーレーダビッドソンが1920年代に製作した激レアのファクトリーレーサーが完全レストアされ、アメリカ・ラスベガスのオークションに出展されます。

 

ハーレー社製1928年式「PEASHOOTER」

MECUM AUCTIONSというクルマやバイクなどのビンテージを扱うオークションに出展されるのは、1928年式の「PEASHOOTER(ピーシューター)」。ハーレーが、ダートトラックレースなどのために1926年以降に製作したマシンです。

 

エンジンは、21キュービックインチ(排気量:約350cc)のOHV空冷シングルを搭載。超レアなScheduler AMX12というレーシングキャブレーターなど、パーツ類も当時のものをそのまま使用しています。

 

エンジンのロッカーアームやフレーム、タンクに至るまで、ご覧の通りサビひとつない丁寧なレストアぶりはお見事ですね。どうもこのマシン、以前はEJ COLE COLLECTIONやBILL MEADE COLLECTIONという、やはりアメリカで有名なビンテージカー&バイクのオークションに出展されたものらしく、クオリティの高さは折り紙付きのようです。

 

ビンテージバイクのマニア垂涎のこのハーレー製ファクトリーレーサー。この原稿を書いている時点では、オークションでいくらの値段がついたのかはかわかりませんが、かなり高価になったことは間違いないでしょう。

 

ともあれ、シンプルで飽きがこないフォルムは、今のバイクにない魅力がありますね。いっそ復刻してもらえませんか、ハーレーさん!

 

参考 – Auction Block: 1929 Harley-Davidson Peashooter(HI CONSUMPTION)
for Ride

for Ride

バイクやクルマなど乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報メディアです。