中国のホンダが面白い!あのホンダ「戦鷹190X」に続いて謎のニューモデルも登場だ!

先日、海外の二輪情報サイトにホンダが中国にてニューモデルをリリースする、というネタが上がっていました。

 

「戦鷹190X」って何!? 正解は中国ホンダのニューモデルです!

 

当サイトでも昨年しっかりとフォローして記事化していましたね。

今回は、近い割にあまり知らない、中国のホンダ車についてご紹介してみましょう!

 

「戦鷹190X」は既に市販されていた!

上掲の過去記事でご紹介していた「戦鷹190X」は既に市販されていました!

シンプルな単気筒エンジンを、これまたシンプルなスチールフレームに搭載。倒立フロントフォーク&リアモノショック、それに前後ペタルディスクを採用しています。小振りで実用的(と思われる)スクリーンを装備する、なかなかに可愛らしいデュアルパーパス・モデルでした。

 

立派に見える車体ですが、サイズは全長×全幅×全高=2,121×821×1,268mm、ホイールベースは1,356mm。確かに大き目です。

エンジンは空冷4ストローク単気筒、総排気量は184cc。最高出力は11.8kW / 8,000rpm、最大トルクは15.3Nm / 7,000rpm。至って普通です。

ところが……

 

こ~んな感じのカタログ写真を眺めたり……

カラーバリエーションを豊富に4色も取り揃えています。彼の地では入魂の1台であることが伝わってきます。するとコチラも、魅力的に思えて来るから不思議なものです。

 

レプソルカラーもラインアップ!

中国には、こんなレプソル・カラーの市販車が存在しています。まずは150ccの「幻影150」。これまたシンプルな空冷4ストローク単気筒エンジン搭載車ですが、クラシカルなリア2本ショックがむしろ新鮮です!

 

更に、もう1台、コチラは125ccの「锋云125」。

そういえば日本でもヤマハが”Movistar Yamaha MotoGP Edition”を続々とリリースしています。

コレがヤマハの本命!台数限定で「YZF-R3/R25」Movistar Yamaha MotoGP Editionを発売!

ホンダも中国を見習って、こんなモデルを投入して欲しいものです。

 

コレが最新モデルだ!が、戦鷹190Xにソックリだ……

そしてコチラが先日発表された最新モデル。発表されたのは、系列会社”五洋ホンダ”の創立25周年記念パーティの席でのこと。

 

大変御目出度いパーティにて、このように盛大に発表された190ccの最新モデルなのですが……

 

あらためて良く見ると、フォークが正立であること、マフラーの取り出しが左右逆であること、パニアやエンジンガードといったアクセサリーが装着されていることを除いて、ほぼ「戦鷹190」と同じなんですよね。

既に販売されている「戦鷹190」は新大洲ホンダ系の取扱いなのですが、それに相当する五羊ホンダ系のモデル、と理解しました。

 

中国のホンダにはワクワクが一杯!

中国のホンダ、いかがでしたでしょうか?小排気量好きかつ珍車好きの筆者には、興味深い車両が沢山ラインアップされているように感じます。

お暇な方は、記事末尾の参考欄のリンクから、市販モデルを眺めてみると面白いと思いますよ。

 

参考-五羊ホンダ新大洲ホンダHonda Motor (China) Investment
for Ride

for Ride

バイクやクルマなど乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報メディアです。