【近未来】みているだけでワクワクしちゃう“乗りガジェ”動画まとめ

BLOMでは以前も「面白そうな乗り物ガジェット」(勝手に略称:乗りガジェ)について紹介していますが、今回はさらに近未来感あふれる“乗りガジェ”動画を7本まとめてみました。ワクワクした気持ちでトクとご覧あれ!

 

Onewheel

クラウドファンディングからスタートした「Onewheel」。なかなかストレートなネーミングに好感が持てます。

このスケボーに巨大な太いタイヤを取り付けたシンプルなデザインとは裏腹に、あらゆる路面を自在に走って行く様はインパクト抜群。金額も1,499ドル(16万7,000円)と、それなりに高価ですが、乗れる機会があれば是非乗ってみたい“乗りガジェ”です。

参考:https://onewheel.com

 

Rollkers

こちらの「Rollkers」、パッと見は電動のローラースケートですが、従来のローラースケートとは異なり、 誰にでも簡単にバランスが取れる上、自然に歩いている時とおなじ感覚で履けるガジェットです。

動画で見ても非常に簡単で楽そうに見えますよね。装着者の歩く速度を約2倍にするプロダクトとのこと。

一回の充電で約2時間の走行が可能という点も実用的な感じがしますよね。

“乗りガジェ”動画としては少し地味ですが、最もデイリーユースに向いている気がします。

参考:https://www.rollkers.com

 

Movpak

遠目から見るとバッグパックにしか見えない「Movpak」。しかしこちらはバッグパックと電動スケボーが一体化した“乗りガジェ”です。

リュックからスケボー部分を引っ張り出すと電動スケボーとして移動することが可能となります。動画で見ると、自在に走っている感があります。すでに電動スケボーは実用化されているので、ワクワクするような近未来感はやや低いですが、発想が斬新ですね。

ちなみに最高速度 は32km/hになるそうです。お値段は1,200ドル(約13万4,000円)。問題点を挙げるとすれば、スケボーに乗れる人にしかニーズがないというところですかね。乗り手を選ぶガジェットです。

 

nbike

東京都大田区にある町工場が生み出したという機械式時計のようなモビリティ「nbike」。一見、キックボードに見えますが、自転車のようにこいで稼動する“乗りガジェ”です。 動画を見る限り、かなり軽快に走っていることが伺えます。

さらに折りたたみも可能で、このようにかなりコンパクトになるという点が実用的! 日本の下町の技術が、全国的に広まることを期待します。

参考: https://zenmono.jp/projects/26

 

KickStick

発想の斬新さではピカイチの「KickStick」は、電動スティックでスケボーを走らせるという、非常に斬新な“乗りガジェ!?”です。

スティックにはバッテリーとモーターが内蔵されており、先端のローラー部分が電動で回転し、動力となります。スケボーとセットで使うそうですが、単に動力として考えるならローラーブレードでもスケボーでも、何にでも使えそうですよね。

ただ、今回紹介した“乗りガジェ”の中では最も危険な香りを放つガジェットです。お値段は598ドル(6万7,000円)。

 

RocketSkates

ローラースケートにしては重厚な佇まいを見せる「RocketSkates」靴の上から装着し、最高速度20km/hで走行する“乗りガジェ”です。

これだけならば単なるゴツい電動ローラースケートで終わってしまうのですが、かかとに力を入れるだけで止まれるといった具合に体重移動だけで操作が可能という点がユニークですね。お値段は699ドル(7万8,000円)。

参考: https://www.amazon.com

 

URB-E

「URB-E」は、アルミとカーボンを使用した車体と、折りたたんで運ぶこともできる可搬性の高さが特徴の折りたたみ式電動バイクです。

4時間の充電で約32kmの走行を実現しています。重量は16kgで、最高速度は24km/h。

お値段は、スタンダードモデルにあたる「GP Original Edition」が1,499ドル(約16万5,000円)、チューンド・モデルの「Black Label」は1,699ドル(18万7,000円)。バイクと捉えるならば、妥当な金額ではないかと思います。

 

“乗りガジェ”のイベント企画が進行中!


いかがだったでしょうか。近未来を感じさせる“乗りガジェ”から、いままでなかった便利“乗りガジェ”の動画まで、まとめて紹介させていただきました。

しかし、動画だけでは実際どのような乗り味なのか伝わらないですよね。そこで、BLOM編集部では、以前、電動バイク「OSET」の試乗会を行なったラモスフィールドというフットサル場で、6月下旬に“乗りガジェ”イベントを開催予定です。

詳細は現段階では未定ですが、滅多に拝めない“乗りガジェ”に触れるチャンスです。今後の予定は当サイトに掲載しますが、参加してみたい!という方は、メールアドレスをご登録ください。開催日や開催場所が決定次第、優先的にご連絡差し上げます。

プライバシーポリシーに同意のうえ、フォームからご登録お待ちしております!

プライバシーポリシーに同意する:

for Ride

for Ride

バイクやクルマなど乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報メディアです。