見ているだけでワクワクする!世界のデザイナーが考えた未来のバイク9台

バイクのコンセプトモデルと言えば、やはり風変わりなデザインのものほど、楽しめるし、夢も膨らみますよね。特にアンオフィシャルなコンセプトモデルは本当にユニークなデザインが多いです。
今回は、そんな無数に存在するバイクのファンアートの中から、特に奇抜なデザインのコンセプトモデルを取り上げてご紹介しましょう。

1:プーマ

 

『スニーカーで有名なプーマがバイクを作るとこうなる』でもご紹介しましたが、学生さんがアンオフィシャルで制作したモデルです。なお、このデザインはプーマのモーターサイクル・ウェアからヒントを得たとのことです。

 

2:ダッジ「トマホーク」

こちらのトマホークは。「バイパー」のV10エンジン(8,300cc)を搭載し、最高出力500hp、最高時速670km/hという、とんでもないモンスターマシンです。トヨタ・プリウスが1,800ccですので、プリウス4台分以上の排気量ということになりますね!

V10エンジン搭載の他にも前後4輪など、様々な点でインパクト大な一台です。

しかもこのバイクは実際に限定10台のみ販売されており、6,000万円以上の超高額だったにも関わらず、問い合わせが殺到し、瞬く間に完売しました。

 

3:フェラーリ

実にフェラーリらしいカラーリングと、空気力学に基づいたと思われる独特のフォルムが特徴的なコンセプトモデルです。映画『トロン』に登場するバイクに近いデザインになっていますね。

 

4:レッドブル

「レッドブル」のロゴにインスパイアされたという、実に奇抜なコンセプトモデルです。かなり強引に牛をバイクのカタチにしたような雰囲気も漂ってますが…。ランボルギーニが悔しがらないか心配です。

 

5:ランボルギーニ

上の「レッドブル」がメーカーのイメージに近い気もしますが、うって変わって近未来的なチョッパースタイルです。こちらはブラジルのインダストリアルデザイナーであるフラヴィオ・アドリアーニ氏が制作したアンオフィシャルなコンセプトモデル。実際に作れちゃいそうですね。

 

6:ジャガー

こちらも「レッドブル」同様、かなり強引にジャガーをバイクにしたようなイメージ。ビューエル「サンダーボルトS3」のエンジンを搭載したという、コンセプトモデルです。特撮ヒーローのバイクと言われれば信じてしまいそうですね。

 

7:BMW

インダストリアルデザイナーであるmehmet doruk erdem氏が制作した、非常に完成度の高いファンアートです。直線番長のようなフォルムは、映画『世界最速のインディアン』のようです。

 

8:ホンダ

「HONDA CHOPPER」と名付けられたこちらのコンセプトモデルは、Peter Norris氏によるファンアート。漫画『アキラ』のような近未来感があふれるデザインですが、あまり現実感がないところがポイントでしょうか。

 

9:ヒュンダイ

ミン·ソン·キム氏によって制作された、ファンアートです。人間の筋肉構造に基づいて設計されたという、実に独特なフォルムを持つコンセプトモデルです。。この形状で転倒すると…バイカーがどうなってしまうのか、気になって仕方ないです。

いかがだったでしょうか。

今回ご紹介したバイクは、ダッジ「トマホーク」以外はいずれも架空のコンセプトモデルですが、今後、電動バイクの普及とともに、これらの個性的なバイクが実際に誕生するかもしれません。

固定概念にとらわれない面白いデザインのバイクが登場することで、今よりもバイカー人口が増えてくれることを期待します!

BLOM

BLOM

BLOM(ブロム)は、好奇心の強い遊び盛り男子に向けた趣味・遊び発見マガジンです。今日、明日、週末からでも始められる「趣味」や「遊び」のヒントを発信していきます。