【近未来すぎて恥ずかしい】チューリップすぎるコンセプト電動バイク

デザイナーさんって、なんだか憧れませんか? バイクとかクルマの分野でも、なんとなくデザイナーさんの仕事はカッコよく思えます。未来を考えてモノを作る、みたいな。なんか凄いことしてそうです。

そこで今回は、これぞ工業デザイナー!というべき未来の電気バイク、その名も「チューリップ」をご紹介しましょう!

 

未来のパーソナルモビリティ「チューリップ」

アレ?え~っと…、確かに名前のとおり「チューリップ」のような形状なのですが、乗るにはちょっと恥ずかしくないですかね? 皆さん、この前衛的すぎるバイク、普通に乗れますかね? なんだか、それなりに気合の入った格好をしないと似合わなそうです。

 

上から見ると、ますますチューリップ感が増します。ライダーはチューリップの花弁に突撃するハチみたいになっています。

 

チューリップ感満載のディテール

このデザイナーさん、決してふざけているワケではありません。

チューリップのような形状をしたカウルは空力を考慮したもの。だからホイールもカバーされています。上の写真はフロント側から見たところ。あっ!前二輪の三輪バイク(リバーストライク)だから、ヤマハ「トリシティ」と同じような仕組みですね。

 

そして最初に少し書きましたが、このバイク「チューリップ」は電動モーターで動く電動バイク。上記の大型のバッテリーは、ライダーの足元付近に搭載されるそうです。

いかがだったでしょうか。デザイナーさんが真面目に考えたとはいえ、ちょっぴり気恥ずかしいコンセプトバイクでしたね。しかし、バイクに限らず新しいモノの創造とは、こうした自由な発想から生まれるものです。

新しい発想を、誰もが大きな声で発表できる世の中の方が、なんだか楽しそうですもんね? 非常に斬新なコンセプトバイク「チューリップ」を提案したデザイナーさんには、大きなチューリップのハナマルをあげちゃいましょ!

 

参考 – TUVIE
for Ride

for Ride

バイクやクルマなど乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報メディアです。