【知ってる?】 イタリア製の電動バイクはデザインもオシャレ!

海外では、最近いろんなメーカーからリリースされている電動バイク。多くはスクーターなのですが、ロードバイクやオフロードバイクも少しずつラインナップが増えてきています。

でも…なぜか超近未来的でアグレッシブなデザインか、あえてレトロにしたコンサバティブなスタイルが多い。調度良いというか、今までの”バイク”という乗り物のイメージそのままの電動バイクって、実は意外と少ないですよね。

 

調度良いバイク感と電動モーターの先進性

なんてグチっている昨今に出てきたのが、イタリアのメーカーArmotiaが製作した電動オフロードバイク「Due X」です。

 

最新レーサー的攻め攻め感

オーソドックスなフロントフォークにリヤのシングルショック、ガソリン不要なのになぜか燃料タンク風のカバーまであります。電動モーターもガソリンエンジン的なカタチだし、ゴツゴツしたブロックパターンの前21インチ、後18インチのタイヤが、本格的なオフロードバイクのテイストをさらに盛り上げる。ザッツ・バイク!

 

しかも、全体的にエッジが立ったシャープなフォルムにより、最新式レーサー的な攻め攻め感も満点です。

 

さすが、イタリア人。バイク好きの心をわしづかみするナイスなデザイン。「乗りたいバイクって、やっぱりこんなカタチでしょ!」と思わず叫びたくなるほど。

 

2WD式だからどんな悪路もズンズン!

デザインだけで胸が一杯だけど、一応性能も紹介。2WD(2輪駆動)方式を採用したこのバイクは、どんな悪路でもズンズン走れちゃう走破性を持ちあわせています。最高出力は15馬力とちょい少なめ。だから、最高速度も80km/h程度となっています。

「電動だから、やっぱりパワーはないよね」と侮るなかれ! 前後ホイールへ供給されるトータルのトルクは200Nm(約20.4kgm)。ホンダの市販オフロードレース用車両「CRF450R」でも、最大トルクは5.13kgm。道なき道を突き進むパワーは4倍以上もある。バッテリーはリチュウムイオン式を搭載しており、フル充電で1時間20分の走行が可能です。

 

ロード仕様のRもいいね!

ちなみに、このモデルの兄弟車で、ロード用タイヤを装着した「Due R」もある。最高出力はXと同じ15馬力だが、こちらの最高速度は90km/h。最大トルクは180Nm(18.3kgm)だ。上下2連のプロジェクターヘッドライトや、強力に止まる前後ディスクブレーキなどもXと同じ。125kgという超軽量ボディも同様だ。

 

個人的には、ゴツゴツ系タイヤのXがよりワイルドな感じで好きだが、ロードタイヤ仕様のRも悪くない。目移りする!
さて、アナタはどちらがお好み?

 

参考:Armotia
BLOM

BLOM

BLOM(ブロム)は、好奇心の強い遊び盛り男子に向けた趣味・遊び発見マガジンです。今日、明日、週末からでも始められる「趣味」や「遊び」のヒントを発信していきます。