【知ってる?】2017年にはバイクが空を飛ぶ時代が来るらしい

映画『スターウォーズ』のスピーダーバイクや漫画『AKIRA』のフライングプラットフォームなど、SFの世界ではよく出てくる空飛ぶバイク。バイクにまたがって、大空を自由に舞う…「飛行機もバイクどっちも好き!」なんて人にとっては、一石二鳥の夢のような乗り物ですよね。

 

そんな”夢”の空飛ぶバイクを作っているのが、アメリカ・カリフォルニアを拠点とするAerofex社。この会社では、2012年にテスト機のフライトに成功しているのです。
現在は市販モデルを製作中で、なんと来年2017年に「発売を開始する!」と発表しているのです。

 

見た目は巨大なドローンみたい

その名も「THE Aero-X」。

画像はAerofex社が発表した市販モデルで、特徴は前後に装備した大きな2つのローターです。軽量なカーボンファイバー製のローターを採用しており、これらを回転させることで、車体を空中に浮かせたり前進やバックをさせる仕組みです。

 

2つのローターを回す動力は、ガソリンで動くエンジンを採用。ちなみにガソリンが入っていない状態で356kgの重量。大きさは全長4.5m、全幅2.1m、全高1.25m。車体中央にあるシートは、前にライダーが、後ろにも人が乗れる2人乗り仕様になっています。

 

前後2つのローターが付いたスタイルは、バイクというより超巨大ドローンのような、近未来の乗り物的な雰囲気。

ちなみに、車体下に付いている4つの車輪は飛行場所までの移動用に使われ、クルマで牽引してもらうためのものです。

 

車体にまたがりハンドルで操作

ところで、実際にどうやって飛ぶのでしょうか?

まずは、動画でテスト機がフライトしている様子を見てください。

 

 

テスト機は、市販モデルとフォルムや装備が多少違いますが、乗り方はほぼ同じ。ライダーはシートにまたがり、ハンドルバーを持って操縦します。なお、方向転換する時は、バイクのように体重移動する必要はないので、少し練習すればすぐマスターできるほど簡単です。

 

 

動画を見ていただけば分かる通り、離着陸の滑走路は不要で、地上3mの高さまで上昇が可能となっています。なお、最高速度は時速72kmで飛ぶことができ、ガソリン満タンで85分間飛ぶことができます。

 

お値段は約940万円!

実際に上昇できる高さが地上3mまでというと、飛行機などに比べるとかなりの低空飛行です。なので、障害物がほとんどない広い場所で飛ぶ必要がありそうですね。

気になる販売価格は、かなり高めの8万5,000ドル(約940万円)!

おぉ!安いと、すぐに買えるような金額ではありませんが、50万円くらいで買えるようになれば、バイクと同じくらい楽しい乗り物になること間違いなしですね!

 

参考:Aerofex
BLOM

BLOM

BLOM(ブロム)は、好奇心の強い遊び盛り男子に向けた趣味・遊び発見マガジンです。今日、明日、週末からでも始められる「趣味」や「遊び」のヒントを発信していきます。