【知ってる?】プーマがデザインしたバイクがあるんだって!

「PUMA(プーマ)」といえば、思い出すのはスニーカー。言わずとしれたスポーツメーカーとして知らない方はいないでしょう。
そのプーマが2009年、二輪業界進出を図り、バイクのコンセプトモデルを作っていたという事実をご存知でしょうか? 今回は、世にも珍しいプーマのコンセプトバイクについてご紹介しましょう。

 

プーマのコンセプトバイクとは?

 

…と、さっそくネタばらししますが、実はこのコンセプトバイクは、CADで設計されたCGのみで、実際に試作モデルすら製作されませんでした。このCGを作ったのは、イギリスにあるコヴェントリー大学の学生だったKarl Sanders(カール・サンダース)氏で、彼が大学生活最後の年にCADで設計したのが、このCGコンセプトモデルだということです。しかし、学生の作った作品にしては、かなり良くできていますね。

 

プーマの製品にインスパイア

なお、プーマバイクの設計にあたって、プーマが発売している製品にインスパイアされて設計したとのこと。大人も唸るその出来栄えは、派手なだけのCGモデルとは異なり、しっかり安全性なども考慮した設計となっているように見えるため、本当に実車化できそうなレベルですよね。

そんなプーマバイクの完成度を動画でもご確認ください!

 

 

 

プーマはバイク業界とも関わりがあった!

ちなみにプーマはバイク用品も発売しており、特にスポーツ分野で培ったテクノロジーを用いて作られたライディング・ブーツなどには定評があります。

確かにフレームのカタチや、テール部分のフォルムは、プーマのライディング・ブーツにどことなく似ているような気がします。

いかがだったでしょうか。

二輪業界とも、深い関係があったからこそ、CGコンセプトモデルなどという話も生まれるワケですね。興味があるという方は、まずはプーマのバイク用品からチェックしてみることをオススメします!

BLOM

BLOM

BLOM(ブロム)は、好奇心の強い遊び盛り男子に向けた趣味・遊び発見マガジンです。今日、明日、週末からでも始められる「趣味」や「遊び」のヒントを発信していきます。